インフォメーション
検索
ソフトウェア利用規約

この利用規約 (以下「本規約」といいます) は、お客様(以下「甲」といいます。)が株式会社レッツリアル(以下「乙」といいます。)が販売しているソフトウェアを購入する前に知って頂く内容を構成したものです。よくお読み下さい。本規約の内容に同意いただけない場合、ソフトウェアを購入することができません。

 

1条(用語の定義)

1.   「買い切り型ソフトウェア」とは、利用期間の期限の明示が無いソフトウェアをいいます。

2.   「自動売買ソフトウェア」とは、証券会社等金融機関等が提供する投資用プラットフォーム上で稼働し、自動的に投資商品の売買を行うソフトウェアをいいます。買い切り型ソフトウェアに属します。

3.   「本サイト」とは、lets-real.comをいいます。

 

2条(使用権)

1.   自動売買ソフトウェアを購入された甲は、自動売買ソフトウェアの使用権が与えられます。

2.   自動売買ソフトウェアの利用範囲は、単一の証券会社口座アカウントに限定されます。

3.   自動売買ソフトウェアの購入は、該当ソフトウェアの著作権の購入を意味するものではありません。

 

3条(自動売買ソフトウェアの使用に係るリスクについて)

乙が提供する自動売買ソフトウェアは、金利・通貨の価格・金融商品市場における相場その他の指標の変動、自動売買ソフトウェアの不具合により損失が生じる恐れがあります。変動要因としては、有価証券等の価格変動リスク、金利や金融市場の変動リスク、十分な流動性の下で取引が行えない流動性リスク、有価証券等の発行体の信用リスク等、及び外貨建て資産に投資している場合には為替変動リスクがあります。従って、お客さまの投資元本は保証されているものではなく、金融商品等の価値の下落により、投資元本を割り込むことがあります。なお、自動売買ソフトウェアのご利用にあたってはお客様ご自身によるデモ口座運用検証を行い安全を確認できた場合にのみ本口座でのご利用を開始なさることに同意していただくものとします。

 

5条(自動売買ソフトウェア購入価格について)

購入価格は各商品毎のページ上に記載しております。

 

6条(留意事項)

1.   乙は、自動売買ソフトウェアの利用について有用と思われる資料や案内などの提供に努めるものの、利用期間の期限の明示が無い買い切り型ソフトウェアについては、サポートサービス対象外とすることを甲は予め了承の上、購入するものとします。

2.   買い切り型ソフトウェアは、稼働することが可能なOS、プラットフォームの将来における仕様変更、バージョンアップなどに伴い稼働しなくなることが生じることを、甲は予めご了承の上、購入するものとします。

3.   買い切り型ソフトウェアは、金融商品取引法第37条の6に規定されるクーリング・オフ対象商品ではないため、購入済みの買い切り型ソフトウェアについては、いかなる理由をもってしても換金及び返品はできないことを、甲は予め了承の上、購入するものとします。

 

7条(禁止事項)

1.   甲が自動売買ソフトウェアを譲渡、販売、転貸すること。

2.   甲がバックアップを目的とする以外に自動売買ソフトウェアを複製すること。

3.   甲が自動売買ソフトウェアをリバースエンジニアリング、逆コンパイル、または逆アセンブルすること。

4.   甲が自動売買ソフトウェアの技術的な制限を回避して使用すること。

 

8条 運用の責任等

1.   甲の自動売買ソフトウェアの利用は、甲の意思に基づき、甲によって行われるものであり、乙は甲を拘束するものではありません。

2.   乙は、甲の投資資産における自動売買ソフトウェアの運用結果による生じた損害の全部若しくは一部の負担、又は甲に対する特別の利益の提供は行わないものとします。

3.   乙のサーバー、ネットワーク機器、回線などの故障、停止、停電、天災、保守作業、当サービスの更新、自動売買ソフトウェアの不具合その他の理由により当サービスの提供の中断、遅延などに起因して甲に生じたあらゆる損害について、乙は一切責任を負わないものとします。

 

9条(利用規約の変更)

乙は、必要と判断した場合には本規約に定める内容等について、変更、または修正等を行うことができ、その場合には、本サイトにおける告知による通知をもってのみ行うことができるものとします。

 

10条(利用規約外の事項についての協議)

本規約に定めのない事項又は本規約に定めた事項に関して疑義が生じたときは、甲乙誠意をもって協議し、解決を図るものとします。

 

11条(準拠法・裁判管轄)

本規約の解釈にあたっては,日本法を準拠法とします。本サービスに関して紛争が生じた場合には,乙の本店所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄とします。

 

201971日 作成

株式会社レッツリアル

よくある質問