インフォメーション
検索
決済済取引
{{realKpiVal.cnt}}
勝率
{{Math.round(realKpiVal.win_cnt/realKpiVal.cnt*100)}}%
PIPS
{{'-'+delimitNum(Math.abs(Math.floor(realKpiVal.pips)))}}
{{delimitNum(Math.floor(realKpiVal.pips))}}
0
損益額
{{delimitNum(Math.abs(Math.floor(realKpiVal.profit)))}}
{{delimitNum(Math.floor(realKpiVal.profit))}}
0
保有中取引
{{fukumi.cnt}}
勝率
-
PIPS
{{'-'+delimitNum(Math.abs(Math.floor(fukumi.pips)))}}
{{delimitNum(Math.floor(fukumi.pips))}}
0
損益額
{{delimitNum(Math.abs(Math.floor(fukumi.profit)))}}
{{delimitNum(Math.floor(fukumi.profit))}}
0
取引数
{{calTotal.trade_times}}
-
勝率
{{calTotal.win_pct}}%
-
PIPS
{{calTotal.profit_by_pips<0?'-'+delimitNum(Math.abs(Math.floor(calTotal.profit_by_pips))):delimitNum(Math.floor(calTotal.profit_by_pips))}}
-
損益額
{{calTotal.profit_by_pips<0?'-'+delimitNum(Math.abs(Math.floor(calTotal.profit))):delimitNum(Math.floor(calTotal.profit))}}
-
PF {{analysis.pf_pips}} 平均利益/平均損失 {{analysis.avg_win_trade_pips}}/{{analysis.avg_loss_trade_pips}} 最大利益/最大損失 {{analysis.max_trade_pips}}/{{analysis.min_trade_pips}} 買/売勝率 {{analysis.win_trade_pct_buy}}/{{analysis.win_trade_pct_sell}} 最大ドローダウン {{analysis.drawdown_pips}} 買ポジ比率/売ポジ比率 {{analysis.buy_trade_pct}}/{{analysis.sell_trade_pct}} 月平均取引 {{analysis.avg_month_trade}} ポジ保有最短時間 {{trade_times.length>0?trade_times[0]:'-'}} ポジ保有平均時間 {{trade_times.length>0?trade_times[1]:'-'}} ポジ保有最長時間 {{trade_times.length>0?trade_times[2]:'-'}} 計測期間 {{analysis.duration!=null?analysis.duration:'-'}}

■ 概要

平均約1.5時間で1トレードが完結、複数通貨ペア・高頻度・朝型のスキャルピングEAです。

16年以上の長期バックテストでは、年間平均約900pips獲得。

2021年のデモフォワード計測は10ヶ月以上、2022年3月まで月単位で負けなし、4月の損失を受けバージョンアップを行いました。


セット通貨ペアごとに1ポジション、ナンピン・マーチンゲールなし、ストップロスあり。週末持ち越しなし。

極力トレンドが出ていないタイミングで逆張りを狙う、シンプルロジック。

取引数よりもトレンド判定を強化した設計です。


主にロールオーバー直前にポジションを持ちます。

日をまたぐことが多く、プラスに転じたポジションから利確していきます。

12通貨ペア対応で、ポートフォリオ効果も期待でき、お好みに合わせて、通貨ペアやパラメーターをアレンジできます。


パラメーター入力はシンプル設計、日本語表記、複利運用も可能です。

セッティングは一般的なEAと同じで、稼働希望の通貨ペアのチャートを開いてセットすると、その通貨ペアで稼働します。

複数通貨ペアで稼働の場合、その分チャートを開いてセットすることになります。


トレンドとボラティリティを監視するフィルターにより、VIXとは連動しません。

米大統領選挙クラスのイベント以外、経済指標やVIXによって停止するような配慮を極力不要とする設計思想です。

年末年始は、12/24~1/3までエントリーしません。その間は決済のみ行います。


薄利をティックで狙う仕様上、ブローカーや通信環境によってパフォーマンスに差が出やすいです。

(※Twitterで週次の複数ブローカーの成績をツイートしています。)



■ 推奨口座

以下の条件をより満たした口座が推奨です。

□ スプレッドが小さい

□ スワップのマイナス影響が小さい

□ 日足5本(冬GMT+2、夏+3)

※取引数が多いため、スプレッドの影響を大きく受けることになります。
後述バックテストの開発スプレッドより高いスプレッドは非推奨です。

※日をまたぐポジションが多いため、スワップの影響も高くなります。しかし、スプレッド最優先でお考えください。

※トレンド耐性モードをON(true)にする場合、ロジックで日足を参照しているため、日足5本以外ではパフォーマンスが低下します。

 

■ フォワード

https://www.myfxbook.com/members/TNKcld/msz-006/8576598

計測開始:2021/6/20

口座:Tradeview ILCデモ口座

※フォワードは参考例です。お好みに合わせて通貨ペアやパラメーターをアレンジください。

※デモフォワードでは、データ収集のため、途中まで週末持ち越し有りで計測していますが、商品は、週末持ち越し無し仕様です。

※2022年5月2日からは、新バージョンで計測しています。


■ バックテスト

実施期間:2003/5/9~2022/5/1(約19年0カ月)

USD口座・初期証拠金10000USD・ドローダウン許容10%

※開始日はヒストリカルデータの都合で、通貨ペアによってバラバラです。

2006年開始の通貨ペアもあります。



■ 仕様

□ 対象通貨ペア(計12通貨ペア)

(AUDCAD)/CHFJPY/EURAUD/EURCAD/(EURJPY)/GBPAUD/GBPCAD/(GBPCHF)/GBPJPY/GBPUSD/USDCHF/(USDJPY)

※()はリリース時点で推奨でしたが、2022/5/1時点でフォワードが不調です。

□ 時間軸 | 5分足

□ 取引スタイル | スキャルピング

□ 最大ポジション数 | 1(セットする通貨ペア1に対し1ポジション)

□ 両建て・ナンピン・マーチン | 全てなし

□ 週末持ち越し無し。122413はトレード無し。

□ TPSL変更可。

 

■ 解析

以下の各数値は、合成バックテスト上の理論値です。

【左:標準/右:0時台無し】

□ 取引回数月間平均 | 78.1回/38.4回

□ トレード時間平均 | 1時間06分/1時間24

□ SL回数年間平均 | 21.1回/10.6回

□ リカバリーファクター

  TRF(期間計) | 98.75/31.14
  MRF(月換算) | 0.430.13
  YRF(年換算) | 5.191.63

□ 0時台を省いた参考解析

https://tnkcld.com/backtest/MSZ/EC/analysis/MSZ-006_no0.html

 

※合成バックテスト及びQuant Analyzerは、含み損を考慮しないため、ドローダウンが甘めに算出されます。

※サーバー0時台(冬GMT+2)のスプレッド拡大による影響で、リアルでは取引数がバックテストよりも必ず減少します。

※当朝スキャロジックは、23時台にメインでエントリーを行い、0時台には期待しません。
しかし、0時台は、もしトレードできれば収益性が高い時間帯ですので、0時台も含めたロジックになっています。

 

■ パラメーター


(※)は、セットするとチャート画面左上に表示されます。

□ ロット(※) | 単利運用時。デフォルトは推奨値ではありません。

□ 許容スプレッド(※) | 単位はPipsです。デフォルトは推奨値ではありません。
  ご利用ブローカー様の通貨ペアに合わせて調整ください。

□ 許容スリッページ | 単位はPoint1Point=0.1Pips)です。

□ 利確指値/損切逆指値 | 単位はPipsです。

□ トレンド耐性強化モード(※) | trueにすると、大トレンド時にトレードを回避します。その分、取引回数が減少します。

□ 通知用コメント(※) | オーダー時の通知に挿入されるコメントです。

□ GMT/サマータイム | ご利用のブローカー様のサイト等でご確認ください。

□ マジックナンバー(※) | 他EAと違う値を設定してください。

  通貨ペアが異なるだけなら同じで構いません。
  同じ通貨ペアで、異なる設定で試されるなどの場合は変える必要があります。

□ 複利機能/リスク%(※) | マネーマネジメント機能。「true」にすると有効になります。

  リスク%は、余剰資金に対する、ストップロス設定値の損失の割合です。
 【ロット計算例】 
  余剰資金1USDSL50、リスク1%設定で、0.2ロット
  余剰資金1USDSL50、リスク2%設定で、0.4ロット

 

■ よくある質問

【証拠金は最低いくらあればいいですか?】

> バックテストの最大ドローダウン額と必要証拠金を足した以上の金額が、最低必要になります。

※参考例:1USD=130円、0.2ロット、12通貨ペアセット、最大ドローダウン10万円の場合

【国内口座レバレッジ25倍】

130円×20000通貨(0.2ロット)×12(12通貨ペアセット時の最大ポジション数)÷25(レバレッジ)+100000円(最大ドローダウン)=1348000円

▶ 最低必要額:1348000

【海外口座レバレッジ400倍】

130円×20000通貨(0.2ロット)×12(12通貨ペアセット時の最大ポジション数)÷400(レバレッジ)+100000円(最大ドローダウン)=178000円

▶ 最低必要額:178000

 

【ロットの目安はありますか?】

> バックテストの0.2ロット(20000通貨)では、0時台を除いた成績を参考にすると、初期証拠金の9.4%まで最大ドローダウンが達しています。

ドローダウンを10%まで許容したときの証拠金とロットの目安は、おおよそ以下のようになります。

▶ 初期証拠金100万円に対し、0.2lot

▶ 初期証拠金20万円に対し、0.04lot

▶ 初期証拠金10万円に対し、0.02lot

他に、ドローダウンを1.5倍として計算するのも主流な運用方法の一つです。

許容をどうするかは、運用者様の判断によります。

 

MT4の最大バー数はいくら以上でセットすればいいですか?】

> 当方の運用では、ヒストリー内とチャートそれぞれ、1000ずつで稼働確認できております。したがって1000以上での設定を推奨いたします。

バージョン更新履歴
2022/05/03 VER 2-1-2
1. 2022/3~4月のドル円急騰相場の損失を受け、トレンド耐性強化モードを搭載しました。日足レベルで大トレンドが発生している際にトレードを制限します。 パラメーターからON/OFFを切替できます。 2. セット時のチャートコメント表示を変更。複利時に、ロットが%表記に変わるようにしました。他、表示を増やしました。 (ご自身の自己判断・自己責任のもとでご利用下さい)

2022/01/11 VER 1-0-1
新規出品

レビューを書く
質問する
送信する

{{community['responseMsg']}}

ログインまたは会員登録をしてからご利用頂けます。


この商品の閲覧にはパスワードが必要です。

解除



税込価額: 31,400円 31,400円
特別価額: (0%) 終了日時:
利用個数: 18
カートに入れる 在庫ありません
販売停止
出品者からのアピール 出品者:TNK
12通貨ペア対応朝スキャ。重要指標やVIXで停止不要なハイグレードEA。 LINEで送る Facebookでシェア Twitterでシェア 商品のカテゴリー:MT4 EA 商品のカテゴリー:MT4 インジケーター 商品のカテゴリー:MT5 EA
了解&シェア
登録せずシェア 新規登録もしくはログイン


セット商品内訳

の0時迄、キャンペーンを実施中
終了まであと
{{countD}}
{{countH}}
時間
{{countM}}
{{countS}}
{{countMS}}

ストラテジーについて 物々交換参加商品
商品登録日 :{{eaProfile.date_available}} 自動売買システム :MetaTrader 4 取引数量制限 :なし :{{delimitNum(eaProfile.maximum_lot)+' 通貨迄'}} :商品説明をご参考 両建有無 :{{eaProfile.direction==0?'なし':'あり'}} 最大ポジション :{{eaProfile.maximum_position}} DLL利用有無 :{{eaProfile.dll_description==0?'なし':'あり'}} BT確認 : {{index+1}} 稼働可能通貨ペア :下記{{fxpair_cnt}}種類 {{item.fxpair_code+' '}} もっと見る {{item.fxpair_code+' '}} 閉じる 稼働可能時間足 :下記{{timefoot_cnt}}種類 {{item.name+' '}} プロフィット(TP) :{{eaProfile.profit}} pips 補足事項有 {{eaProfile.pf_description}} ストップロス(SL) :{{eaProfile.stop_loss}} pips 補足事項有 {{eaProfile.sl_description}} BTダウンロード : {{index+1}}

リアル実績
{{realInfo.account_currency}}口座:{{realInfo.account_company}} 口座:-



決済済
取引数

{{delimitNum(realKpiVal.cnt)}}

勝率

{{Math.round(realKpiVal.win_cnt/realKpiVal.cnt*100)}}%

PIPS

{{'-'+delimitNum(Math.abs(Math.floor(realKpiVal.pips)))}}

{{delimitNum(Math.floor(realKpiVal.pips))}}

0

損益額

{{'-'+delimitNum(Math.abs(Math.floor(realKpiVal.profit)))}}

{{delimitNum(Math.floor(realKpiVal.profit))}}

0

保有中

{{delimitNum(fukumi.cnt)}}

-

{{'-'+delimitNum(Math.abs(Math.floor(fukumi.pips)))}}

{{delimitNum(Math.floor(fukumi.pips))}}

0

{{'-'+delimitNum(Math.abs(Math.floor(fukumi.profit)))}}

{{delimitNum(Math.floor(fukumi.profit))}}

0

取引数

-

勝率

-

PIPS

-

{{commissionMsg1}} 留意点を確認

{{commissionMsg2}}



{{item.symbol}}

▼ この商品から作られたポートフォリオ ▼


年別・月別の損益


{{item.year}}年(単位:PIPS)



{{item.year}}年(単位:PIPS)


取引カレンダー(単位:PIPS)
取引数

{{delimitNum(calTotal.trade_times)}}

勝率

{{calTotal.win_pct}}%

PIPS

{{calTotal.profit_by_pips<0?'-'+delimitNum(Math.abs(Math.floor(calTotal.profit_by_pips))):delimitNum(Math.floor(calTotal.profit_by_pips))}}

損益額

-{{delimitNum(Math.abs(Math.floor(calTotal.profit)))}} {{delimitNum(Math.abs(Math.floor(calTotal.profit)))}} ***

取引数

-

勝率

-

PIPS

-

損益額

-


※ 集計基準:エントリー日、サマリ―部分の数値は小数点以下切捨

取引詳細(PIPS基準) 収益関連 取引スタイル関連 その他
PF :{{analysis.pf_pips}} 平均利益 :{{analysis.avg_win_trade_pips}} 平均損失 :{{analysis.avg_loss_trade_pips}} 最大利益 :{{analysis.max_trade_pips}} 最大損失 :{{analysis.min_trade_pips}} 買/売勝率 :{{analysis.win_trade_pct_buy}}/{{analysis.win_trade_pct_sell}} 最大ドローダウン :{{analysis.drawdown_pips}} 買ポジ比率 :{{analysis.buy_trade_pct}} 売ポジ比率 :{{analysis.sell_trade_pct}} 月平均取引 :{{analysis.avg_month_trade}} ポジ保有最短時間 :{{trade_times.length>0?trade_times[0]:'-'}} ポジ保有平均時間 :{{trade_times.length>0?trade_times[1]:'-'}} ポジ保有最長時間 :{{trade_times.length>0?trade_times[2]:'-'}} 計測期間 :{{analysis.duration!=null?analysis.duration:'-'}}
CSVダウンロード

商品説明

■ 概要

平均約1.5時間で1トレードが完結、複数通貨ペア・高頻度・朝型のスキャルピングEAです。

16年以上の長期バックテストでは、年間平均約900pips獲得。

2021年のデモフォワード計測は10ヶ月以上、2022年3月まで月単位で負けなし、4月の損失を受けバージョンアップを行いました。


セット通貨ペアごとに1ポジション、ナンピン・マーチンゲールなし、ストップロスあり。週末持ち越しなし。

極力トレンドが出ていないタイミングで逆張りを狙う、シンプルロジック。

取引数よりもトレンド判定を強化した設計です。


主にロールオーバー直前にポジションを持ちます。

日をまたぐことが多く、プラスに転じたポジションから利確していきます。

12通貨ペア対応で、ポートフォリオ効果も期待でき、お好みに合わせて、通貨ペアやパラメーターをアレンジできます。


パラメーター入力はシンプル設計、日本語表記、複利運用も可能です。

セッティングは一般的なEAと同じで、稼働希望の通貨ペアのチャートを開いてセットすると、その通貨ペアで稼働します。

複数通貨ペアで稼働の場合、その分チャートを開いてセットすることになります。


トレンドとボラティリティを監視するフィルターにより、VIXとは連動しません。

米大統領選挙クラスのイベント以外、経済指標やVIXによって停止するような配慮を極力不要とする設計思想です。

年末年始は、12/24~1/3までエントリーしません。その間は決済のみ行います。


薄利をティックで狙う仕様上、ブローカーや通信環境によってパフォーマンスに差が出やすいです。

(※Twitterで週次の複数ブローカーの成績をツイートしています。)



■ 推奨口座

以下の条件をより満たした口座が推奨です。

□ スプレッドが小さい

□ スワップのマイナス影響が小さい

□ 日足5本(冬GMT+2、夏+3)

※取引数が多いため、スプレッドの影響を大きく受けることになります。
後述バックテストの開発スプレッドより高いスプレッドは非推奨です。

※日をまたぐポジションが多いため、スワップの影響も高くなります。しかし、スプレッド最優先でお考えください。

※トレンド耐性モードをON(true)にする場合、ロジックで日足を参照しているため、日足5本以外ではパフォーマンスが低下します。

 

■ フォワード

https://www.myfxbook.com/members/TNKcld/msz-006/8576598

計測開始:2021/6/20

口座:Tradeview ILCデモ口座

※フォワードは参考例です。お好みに合わせて通貨ペアやパラメーターをアレンジください。

※デモフォワードでは、データ収集のため、途中まで週末持ち越し有りで計測していますが、商品は、週末持ち越し無し仕様です。

※2022年5月2日からは、新バージョンで計測しています。


■ バックテスト

実施期間:2003/5/9~2022/5/1(約19年0カ月)

USD口座・初期証拠金10000USD・ドローダウン許容10%

※開始日はヒストリカルデータの都合で、通貨ペアによってバラバラです。

2006年開始の通貨ペアもあります。



■ 仕様

□ 対象通貨ペア(計12通貨ペア)

(AUDCAD)/CHFJPY/EURAUD/EURCAD/(EURJPY)/GBPAUD/GBPCAD/(GBPCHF)/GBPJPY/GBPUSD/USDCHF/(USDJPY)

※()はリリース時点で推奨でしたが、2022/5/1時点でフォワードが不調です。

□ 時間軸 | 5分足

□ 取引スタイル | スキャルピング

□ 最大ポジション数 | 1(セットする通貨ペア1に対し1ポジション)

□ 両建て・ナンピン・マーチン | 全てなし

□ 週末持ち越し無し。122413はトレード無し。

□ TPSL変更可。

 

■ 解析

以下の各数値は、合成バックテスト上の理論値です。

【左:標準/右:0時台無し】

□ 取引回数月間平均 | 78.1回/38.4回

□ トレード時間平均 | 1時間06分/1時間24

□ SL回数年間平均 | 21.1回/10.6回

□ リカバリーファクター

  TRF(期間計) | 98.75/31.14
  MRF(月換算) | 0.430.13
  YRF(年換算) | 5.191.63

□ 0時台を省いた参考解析

https://tnkcld.com/backtest/MSZ/EC/analysis/MSZ-006_no0.html

 

※合成バックテスト及びQuant Analyzerは、含み損を考慮しないため、ドローダウンが甘めに算出されます。

※サーバー0時台(冬GMT+2)のスプレッド拡大による影響で、リアルでは取引数がバックテストよりも必ず減少します。

※当朝スキャロジックは、23時台にメインでエントリーを行い、0時台には期待しません。
しかし、0時台は、もしトレードできれば収益性が高い時間帯ですので、0時台も含めたロジックになっています。

 

■ パラメーター


(※)は、セットするとチャート画面左上に表示されます。

□ ロット(※) | 単利運用時。デフォルトは推奨値ではありません。

□ 許容スプレッド(※) | 単位はPipsです。デフォルトは推奨値ではありません。
  ご利用ブローカー様の通貨ペアに合わせて調整ください。

□ 許容スリッページ | 単位はPoint1Point=0.1Pips)です。

□ 利確指値/損切逆指値 | 単位はPipsです。

□ トレンド耐性強化モード(※) | trueにすると、大トレンド時にトレードを回避します。その分、取引回数が減少します。

□ 通知用コメント(※) | オーダー時の通知に挿入されるコメントです。

□ GMT/サマータイム | ご利用のブローカー様のサイト等でご確認ください。

□ マジックナンバー(※) | 他EAと違う値を設定してください。

  通貨ペアが異なるだけなら同じで構いません。
  同じ通貨ペアで、異なる設定で試されるなどの場合は変える必要があります。

□ 複利機能/リスク%(※) | マネーマネジメント機能。「true」にすると有効になります。

  リスク%は、余剰資金に対する、ストップロス設定値の損失の割合です。
 【ロット計算例】 
  余剰資金1USDSL50、リスク1%設定で、0.2ロット
  余剰資金1USDSL50、リスク2%設定で、0.4ロット

 

■ よくある質問

【証拠金は最低いくらあればいいですか?】

> バックテストの最大ドローダウン額と必要証拠金を足した以上の金額が、最低必要になります。

※参考例:1USD=130円、0.2ロット、12通貨ペアセット、最大ドローダウン10万円の場合

【国内口座レバレッジ25倍】

130円×20000通貨(0.2ロット)×12(12通貨ペアセット時の最大ポジション数)÷25(レバレッジ)+100000円(最大ドローダウン)=1348000円

▶ 最低必要額:1348000

【海外口座レバレッジ400倍】

130円×20000通貨(0.2ロット)×12(12通貨ペアセット時の最大ポジション数)÷400(レバレッジ)+100000円(最大ドローダウン)=178000円

▶ 最低必要額:178000

 

【ロットの目安はありますか?】

> バックテストの0.2ロット(20000通貨)では、0時台を除いた成績を参考にすると、初期証拠金の9.4%まで最大ドローダウンが達しています。

ドローダウンを10%まで許容したときの証拠金とロットの目安は、おおよそ以下のようになります。

▶ 初期証拠金100万円に対し、0.2lot

▶ 初期証拠金20万円に対し、0.04lot

▶ 初期証拠金10万円に対し、0.02lot

他に、ドローダウンを1.5倍として計算するのも主流な運用方法の一つです。

許容をどうするかは、運用者様の判断によります。

 

MT4の最大バー数はいくら以上でセットすればいいですか?】

> 当方の運用では、ヒストリー内とチャートそれぞれ、1000ずつで稼働確認できております。したがって1000以上での設定を推奨いたします。

バージョン更新履歴
2022/05/03 VER 2-1-2
1. 2022/3~4月のドル円急騰相場の損失を受け、トレンド耐性強化モードを搭載しました。日足レベルで大トレンドが発生している際にトレードを制限します。 パラメーターからON/OFFを切替できます。 2. セット時のチャートコメント表示を変更。複利時に、ロットが%表記に変わるようにしました。他、表示を増やしました。 (ご自身の自己判断・自己責任のもとでご利用下さい)

2022/01/11 VER 1-0-1
新規出品

レビュー (0)
レビューを書く レビューは利用者に限定させていただきます。レビューを投稿するには ログイン または ご登録 をお願いします。
質問 (0)
新しいコメントを投稿(全角1000文字以内) レビューは利用者に限定させていただきます。レビューを投稿するには ログイン または ご登録 をお願いします。

開発者他の商品